スポンサーサイト

  • 2016.05.17 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを紹介します。

おおきく異なるところは資格を認定する民間団体の違いになります。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定するのは野菜コーディネーターです。

一般社団法人・日本野菜ソムリエ協会が認定するのが野菜ソムリエです。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の養成講座では野菜コーディネーター資格を取得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

野菜ソムリエ資格を取得する方法は、一般社団法人・野菜ソムリエ協会認定の講座を修了するのがベストです。

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの資格持っていれば、野菜や果物の知識とノウハウの習得を証明します。

民間資格ですが野菜や果物の知識とノウハウを「食」の仕事に活かせます。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて紹介します。

1)ホールフード協会の野菜の資格

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いをわかるには野菜コーディネーターの概要を知ることが大切です。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する資格です。

ホールフード(Whole Food)協会には6つの認定資格があります。

野菜コーディネーターを取得する方法は、通信教育機関の「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了するのがベストです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座なので講座を修了すれば資格を取得できます。

2)ソムリエ協会の野菜の資格

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いをわかるには野菜ソムリエの概要を知ることが大切です。

野菜ソムリエは、一般社団法人・日本野菜ソムリエ協会が認定する資格です。

野菜ソムリエの認定資格を取得するには、日本野菜ソムリエ協会実施の会場試験に合格する必要があります。

日本野菜ソムリエ協会実施の検定試験の受験には受験資格が必要です。

受験資格は、日本野菜ソムリエ協会実施の通学講座を修了する必要があります。

3)野菜の資格の取得方法の比較

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いの中では資格取得方法に差があります。

野菜コーディネーターは、ホールフード(Whole Food)協会認定講座の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば取得できます。

野菜ソムリエの資格取得には3つのステップがあります。

・日本野菜ソムリエ協会の通学講座の野菜ソムリエコースを修了して受験資格を得る

・会場試験である一次試験に合格する

・会場試験である二次試験に合格するなどです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座はホールフード(Whole Food)協会の認定講座なので講座修了で資格を取得できます。

野菜ソムリエ資格を得るには、通学講座修了して受験資格得てから一次と二次の会場試験に合格しなければいけません。




野菜コーディネーターの通信講座

野菜コーディネーターの通信講座を選ぶなら、伝統と実績のある通信教育機関の「がくぶん」をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で、野菜や果物の知識とノウハウを学びませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の種類と特徴・選別方法・保存方法・調理方法や美味しいレシピを学びます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座の各課題と修了課題をクリアして講座を修了すれば認定資格をもらえます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格である野菜コーディネーターがあれば、野菜や果物の基礎知識とノウハウを習得していることを証明できます。

次に、野菜コーディネーターの通信講座の紹介をします。

1)「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、初心者でもスムーズに学習を進められるので人気があります。

通信教育講座の特徴は通学不要で決められた講座時間がないことです。

家事や育児や会社勤務があってもライフスタイルに合わせてマイペース学習ができます。

家事や育児が忙しくても、合間のスキマ時間を活用して学習を進められます。

「がくぶん」の養成講座(通信教育)を修了すれば、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

2)野菜の通信教育講座

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座であれば、家事や育児や会社勤務に忙しい女性でも学べます。

「がくぶん」の養成講座で学ぶ野菜や果物の知識やノウハウは健康食や美容食や食育に活かせます。

家事や育児や会社勤務が忙しくて通学制の講座に通えない女性には「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

野菜や果物の通信教育講座をおススメしたいのは、家事や育児の合間のスキマ時間を活用して「食」の資格を取得したい女性です。

3)自宅で学べる養成講座

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座の特徴は、自宅でのマイペース学習で知識とノウハウを習得できることです。

通信教育講座には通学がありません。

決められた講座時間もないので、自宅でのライフスタイルに合わせてマイペース学習ができます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

会社勤務で通学制の講座に通えなくても自宅で野菜や果物の知識とノウハウを習得できます。

生活習慣病に役立つ健康食をつくりたい・アンチエイジングやダイエット効果のある美容食を作りたい・知育・徳育・体育の基礎になる食育に活かしたい女性におススメします。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すればホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

家事や育児や会社勤務のために通学制の講座に通えなくても、ライフスタイルにあわせて自宅でのマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを習得できます。






野菜コーディネーター合格率・合格ライン

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアする勉強方法は、「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座を使ったマイペース学習がベストです。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

優れた通信教育システムなので、初心者でもスムーズに野菜や果物の知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の種類と特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピなどを学びます。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識やノウハウは、健康食・美容食・食育に役立ちます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座である「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

次に、野菜コーディネーター合格率・合格ラインについて考えます。

1)野菜の認定資格の合格ライン

野菜コーディネーターはホールフード(Whole Food)協会が認定する民間資格です。

公的資格の調理師や栄養士などの「食」の資格のように仕事上で必ずしも必要な資格ではありません。

野菜コーディネーターは、ホールフード(Whole Food)協会が野菜や果物などの食材の知識とノウハウを習得していることを証明する資格になります。

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、一般社会法人・ホールフード(Whole Food)協会のサイトで予測できます。

具体的な合格率などは明記されていませんが、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

2)合格ラインクリアの学習

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアするには、「がくぶん」の通信教育講座で野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピをマイペース学習で学ぶことです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で出題される各課題と修了課題に合格すれば認定資格を取得できます。

家事や育児に忙しい女性でも、「がくぶん」の通信教育講座であればライフスタイルに合わせてマイペース学習できます。

会社勤務のために通学制の講座に通えない女性でも、通信教育講座であれば仕事の合間のスキマ時間を利用して学習を続けられます。

野菜コーディネーター養成講座の課題は自宅でテキストを見ながら解答できます。

3)野菜や果物の基礎知識

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアするには、野菜や果物などの食材の基礎知識をシッカリ習得するのがポイントです。

「がくぶん」の通信教育は自宅でマイペース学習ができるのでシッカリと基礎知識を習得できます。

野菜や果物・きのこ類・海そう類の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法を知ることが美味しい料理の基本になります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、生活習慣病予防の健康食やアンチエイジング・ダイエットの美容食や食育に役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では野菜や果物の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法の基礎知識や美味しいレシピなどを学びます。「がくぶん」の通信教育講座を使ったマイペース学習でホールフード協会の「食」の認定資格を取得できます。






野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで確認できます。

野菜コーディネーターの資格を認定する一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会のホームページでも紹介してあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では野菜や果物の種類と特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピなどを学びます。

野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、健康食つくり・美容食つくり・食育に活かせます。

生活習慣病予防や生活習慣病改善の健康食で家族や周りの人を喜ばせませんか。

年齢サインや年齢肌が気になる人には美容食をおススメします。

野菜や果物の有効成分を活用した美容食やアンチエイジングやダイエットに役立ちます。

「がくぶん」の養成講座で学ぶ野菜や果物の知識は食育にも役立ちます。

食育は知育・徳育・体育の基礎になるものです。学力アップや体力アップには食育が大切です。

次に、野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向について紹介します。

1)野菜の資格のホールフード協会

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会で紹介してあります。

ホールフード(Whole Food)協会には6つの「食」の認定資格があります。

・Whole Foodジュニアマスター

・Whole Foodシニアマスター

・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・発酵食スペシャリストの「醸しにすと」

・発酵食スペシャリスト“極”の「醸しにすと“極”」です。

ホールフード(Whole Food)の代表はタカコ ナカムラ氏です。

タカコ ナカムラ氏は、通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の監修をしています。

2)野菜と果物の資格

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトでも確認できます。

「がくぶん」は伝統と実績のある通信教育機関です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

野菜コーディネーターの認定資格は、がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば取得できます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で、野菜や果物の種類と特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピを学んでください。

「食」の知識とノウハウは健康食・美容食・食育に役立ちます。

3)「がくぶん」で学ぶ

「がくぶん」の通信教育講座を利用した野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向を紹介します。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、

・野菜や果物他の食材の種類や特徴

・野菜や果物などの食材の選別方法

・食材の新鮮さをキープした保存方法

・食材の美味しさを引き出す調理方法

・美味しいレシピなどを学びます。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座の標準受講期間は4ヶ月です。

標準受講期間4ヶ月の通信教育講座で、野菜や果物の知識とノウハウを習得して講座を修了しているひとが多いようです。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の種類と特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピなどを学びます。

野菜や果物の知識とノウハウを健康食・美容食・食育に活かしませんか。

講座を修了すればホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。






野菜コーディネーター資格取得方法

野菜コーディネーター資格取得方法は「がくぶん」利用すればスムーズです。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では野菜や果物の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピを学べます。

「がくぶん」の野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には野菜コーディネーターの上位資格や「食」の周辺資格も用意されています。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを学んで資格を取得したら、上位資格や「食」の周辺資格にも挑戦できます。

次に、野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

1)野菜の資格の概要

野菜コーディネーター資格取得方法は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会と通信教育機関の「がくぶん」のサイトで確認できます。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する資格です。

調理師や栄養士のような「食」の仕事に必要な公的資格ではありませんが、野菜や果物などの食材の知識とノウハウの習得を証明する資格になります。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の「食」の資格は6つあります。

・Whole Foodジュニアマスター

・Whole Foodシニアマスター

・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・発酵食スペシャリストの「醸しにすと」

・発酵食スペシャリスト“極”の「醸しにすと“極”」などです。

2)通信教育講座で取得

野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

野菜コーディネーターを取得するなら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用した通信教育講座で資格を取得できます。

自宅でのマイペース学習なので家事や育児や会社勤務に忙しい女性におススメします。

3)「がくぶん」の受講期間

「がくぶん」の通信教育講座を利用した野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から野菜コーディネーターとして認定されるには「がくぶん」の養成講座の修了が必要です。

養成講座の修了には、各指導課題と修了課題をクリアする必要があります。

各指導課題と修了課題をクリアするには無理のないマイペース学習が大切です。

養成講座の指導課題は4回です。養成講座の標準受講期間は4ヶ月ですが、超過しても大丈夫です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得して修了すれば、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座の標準受講期間は4ヶ月です。






野菜コーディネーターの資格取得のメリット

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、野菜や果物の知識とノウハウを食育や健康食つくりや美容食つくりに活かせることです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウを、家族や親しい人の健康と美容に役立つ健康食・美容食つくりに活かしてください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピなどを学びます。

野菜コーディネーター養成講座がある通信教育機関の「がくぶん」は伝統と実績があります。

優れた通信教育システムがあるので初心者でもスムーズに学習を進められます。

通信教育講座なので通学不要で決められた講座時間がありません。

家事や育児や会社勤務の忙しいスキマ時間を利用してマイペース学習ができます。

通信教育講座を活用すれば家事や育児や会社勤務に忙しい女性でも講座を継続できます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を利用して野菜と果物の資格を取得してください。

次に、野菜コーディネーターの資格取得のメリットを紹介します。

1)健康アップの健康食

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、野菜や果物の知識とノウハウを健康アップの健康食つくりに活かせることです。

「がくぶん」の通信教育の養成講座では、野菜や果物の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピを学びます。

野菜や果物の栄養素を活かした健康食で生活習慣病予防しませんか。

家族や親しい人の健康アップに関心がある女性におススメの通信教育講座です。

2)美肌キープの美容食

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、野菜や果物の知識とノウハウを美肌きープの美容食つくりに活かせることです。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ野菜や果物の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピは、美肌つくりをサポートする美容食つくりに役立ちます。

野菜や果物の栄養素を活かした美容食で、アンチエイジングやダイエットを成功させませんか。

アンチエイジングやダイエットに役立つ美容食は、家族や親しい人に喜ばれます。

3)知育・徳育・体育ベースの食育

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、野菜や果物の知識とノウハウを知育・徳育・体育ベースの食育に活かせることです。
「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ野菜や果物の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピは、学力アップや体力アップの食育に役立ちます。

知育・徳育・体育ベースの食育で子供の学力アップ・体力アップしませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、健康アップの健康食つくりや美肌キープの美容食つくりや知育・徳育・体育ベースの食育に役立ちます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座修了で一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。






野菜コーディネーターの資格概要

野菜コーディネーターの資格概要は、ホールフード(Whole Food)協会と「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで紹介されています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座です。

家事や育児や会社勤務が忙しくて通学制の講座に通えない女性が受講しています。

通信教育講座のメリットは通学が不要で決められた講座時間がないことです。

通学不要で講座時間が決められていないので、自宅で家事や育児の合間に学習できます。

通信教育機関の「がくぶん」の通信教育システムは優れています。

自宅でのマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを州都できます。

野菜や果物の知識とノウハウや健康食つくり・美容食つくり・食育に役立ちます。

次に、ホールフード協会と野菜コーディネーターの資格概要を紹介します。

1)Whole Food協会とは

野菜コーディネーターの資格概要は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会のホームページに紹介してあります。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会は2008年に設立された民間団体です。

Whole Food協会の活動には、教育・通信販売・コンサルティング・人材派遣・情報発信・出版などがあります。

イベントやセミナー企画などの活動もしています。

ホールフード(Whole Food)協会の代表は、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座(通信教育講座)の教材の監修をしているタカコ ナカムラ氏です。

2)ホールフード協会の6つの認定資格

ホールフード(Whole Food)協会のサイトでは野菜コーディネーターの資格概要だけでなく上位資格や「食」の周辺資格も紹介してあります。

ホールフード(Whole Food)協会には6つの認定資格があります。

野菜コーディネーターの上位資格の

・Whole Foodジュニアマスター

・Whole Foodシニアマスター

・Whole Foodマスター(スペシャリスト)

・「がくぶん」の通信教育講座で取得できる野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)

・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)があります。

3)養成講座で学ぶこと

野菜コーディネーターの資格概要は「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトに紹介されています。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ内容を紹介します。

・野菜や果物に関する基礎知識と特徴

・果物その他の食材の特徴

・野菜ではじめるエコライフ

・栄養満点の健康レシピなどを学びます。

食育・生活習慣病予防の健康食つくり・アンチエイジングやダイエットをサポートする美容食つくりに役立つ知識とノウハウです。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物やその他の食材の種類や特徴・選別方法・保存方法・調理方法・美味しい健康レシピを学べます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には6つの「食」の認定資格があります。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、食育・健康食つくり・美容食つくりに活かせます。






野菜コーディネーターの志望動機

野菜コーディネーターの志望動機には健康食や美容食をつくって喜ばれたいや、「食」の知識とノウハウを子供の学力アップや体力アップに繋げたいなどがあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、食育や健康食つくり・美容食つくりに活かせます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座なので通学不要です。

決められた講座時間もないので、家事や育児や会社勤務のスキマ時間を利用してマイペース学習ができます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座なら、ライフスタイルに合わせたマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを習得できます。

次に、野菜コーディネーターの志望動機について紹介します。

1)生活の質の向上

野菜コーディネーターの志望動機には、健康食や美容食で生活の質(QOL)の向上をサポートしたいなどがあります。

健康診断で生活習慣病を指摘されている人が多いようです。

生活習慣病には心臓病・脳卒中・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などがあります。

生活の質(QOL)を向上させるには、生活習慣病対策の健康食やアンチエイジングやダイエットに役立つ美容食が有効です。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ。

野菜や果物などの知識とノウハウは、生活の質(QOL)を向上させる健康食・美容食つくりに役立ちます。

2)子供の学力アップ

野菜コーディネーターの志望動機には子供の学力アップに役立てたいなどがあります。

学力アップや体力アップには食育がポイントになります。

食育は知育・徳育・体育の基礎になります。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは食育に活かせます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で、野菜や果物などの食材の種類・選別方法・保存方法・栄養価を引き出す調理方法・美味しいレシピを学んでください。

3)「食」のスペシャリスト

野菜コーディネーターの志望動機には「食」のスペシャリストになりたいがあります。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の「食」の認定資格は「食」の知識とノウハウを証明します。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得しください。

野菜コーディネーターを取得したら上位資格や「食」の周辺資格にも挑戦してください。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の「食」の認定資格には、

・Whole Foodジュニアマスター

・Whole Foodシニアマスター

・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・発酵食スペシャリストの「醸しにすと」

・発酵食スペシャリスト“極”の「醸しにすと“極”」などがあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、生活の質(QOL)向上の健康食や美容食つくりや学力アップや体力アップの食育に役立ちます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の「食」の認定資格を取得して「食」のスペシャリストになりませんか。







野菜コーディネーターに求められる能力

野菜コーディネーターに求められる能力は、野菜や果物などの食材の種類・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜・果物・きのこ類・海そう類などの食材の知識とノウハウを学べます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で習得した知識とノウハウは、健康食つくりや美容食つくりや食育に役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座のメリットは通学不要で決められた講座時間がないことです。

家事や育児や会社勤務に忙しい女性でも、自宅でのライフスタイルに合わせた学習を続けられます。

通学制の講座に通うのが難しい女性には通信教育講座をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で、野菜や果物の種類・選別方法・鮮度キープの保存方法・栄養価を引き出す調理方法・美味しいレシピを学びませんか。

次に、野菜コーディネーターに求められる能力を紹介します。

1)健康サポートの料理

家庭での野菜コーディネーターに求められる能力は健康をサポートする健康食つくりです。

家族の健康は食習慣でキープできます。

「がくぶん」の通信教育で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウを、健康サポートの健康食つくりに活かしてください。

毎日の食事で気を付けるのは生活習慣病予防です。

生活習慣病には心臓病・脳卒中・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満があります。

健康サポートの健康食に野菜と果物の知識とノウハウを活かしてください。

2)美容サポートの料理

女性の野菜コーディネーターに求められる能力は美容をサポートする美容食つくりです。

女性のアンチエイジングやダイエットは食習慣でサポートできます。

「がくぶん」の通信教育で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウを美容サポートの美容食つくりに活かしてください。

毎日の食事で気を付けるのは栄養バランスとカロリーです。

年齢肌や年齢サインやスタイルの崩れをケアするのに、野菜や果物の知識とノウハウを活かした美容サポートの美容食が役立ちます。

3)食育に役立つ料理

ママの野菜コーディネーターに求められる能力は知育・徳育・体育をサポートする食育です。

子供の学力アップや体力アップのベースは食育です。

野菜や果物の知識とノウハウを活かした食育で子供の知育・徳育・体育をサポートできます。

「がくぶん」の通信教育で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウを食育に活かしてください。

知育・徳育・体育の基礎の食育を改善して、子供の学力アップや体力アップに役立てませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ野菜や果物の知識とノウハウは、健康サポートの健康食・美容サポートの美容食つくりや知育・徳育・体育の基礎の食育に役立ちます。





野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えます。

野菜コーディネーターは生活習慣病の悩みやアンチエイジングやダイエットに興味がある人に向いています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の知識やノウハウを学べます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学んだ野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピの知識とノウハウを活かして、健康食・美容食つくりや食育に活かしませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード協会の認定資格を取得できます。

野菜コーディネーターは民間資格ですが、野菜や果物の知識とノウハウを習得している証明になります。

次に、野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えます。

1)健康食に関心

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、健康食つくりに関心がある人に向いています。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピの知識とノウハウを学びます。

野菜・果物・キノコ類・海藻の知識やノウハウは、生活習慣病予防の健康食つくりに役立ちます。

低カロリーで栄養バランスに優れた食材を使った健康食で生活習慣予防しませんか。

2)美容食に関心

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、美容食つくりに関心がある女性に向いています。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座では、美容食つくりに役立つ野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピの知識とノウハウを学びます。

野菜・果物・キノコ類・海藻の知識やノウハウは、アンチエイジングやダイエットなどの美容食つくりに役立ちます。

低カロリーで栄養バランスに優れた食材を使った美容食でアンチエイジングやダイエットをしませんか。

3)食育に関心

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、食育に関心がある女性に向いています。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座では、食育に役立つ野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・美味しいレシピの知識とノウハウを学びます。

野菜・果物・キノコ類・海藻の知識やノウハウは、知育・徳育・体育の基礎になる食育に役立ちます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座で学んだ野菜や果物の知識とノウハウを食育に活かしてください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、生活習慣病予防の健康食・アンチエイジングやダイエットをサポートする美容食つくりや食育に役立ちます。

野菜や果物の知識とノウハウを活かした健康食や美容食を食育にも活かしてください。